【Scratch】「かんたんけいさんき」のつくりかた

Scratch

かんたんけいさんきをつくろう。

へんすうとえんざんをつかってかんたんなけいさんきをつくろう。

ぜんかい(No.004)はえんざんブロックについてせつめいしました。

こんかいはそのえんざんのブロックをつかってかんたんなけいさんきをつくっていきたいとおもいます。

かんせいひんがこちら。かんたんけいさんき

かんたんけいさんきのしくみ

まずはどんなしくみのものかをかんがえてみます。

ねこにすうじをおしえたら、ねこがかってにこたえをだしてくれるものにします。


つくりかた

まずはねこをよういします。

ねこをクリックしたら、ねこがすうじをきいてくるものにしたいとおもいます。

こんかいは「〜ときいてまつ」をつかいます。

これはねこがしゃべってきいてくるもので、したにこたえるわくがでてきます。

まずはねこのなかに

「イベント」から「このスプライトがおされたとき」をだします。

これは、どんなときでもこのスプライトがクリックされたときにこうどうされます。

このしたに「しらべる」から「あなたのなまえはなんですか?ときいてまつ」をだします。

これをしたにつけましょう。

この「ときいてまつ」はいれたスプライトがしゃべって、したにこたえるワクがでてくるブロックです。

ここには「さいしょのかずは?」とうっていれてみます。

いまねこをクリックするとねこが「さいしょのかずは?」ときいてきます。

「△+□」の△にはいるぶぶんを「さいしょのかず」というなまえでつくります。

△のぶぶんにへんすうをつくります。

へんすうとはどんなすうじでもはいるハコのようなものです。

へんすうをひとつよういします。「さいしょ」のへんすうをつくりました。

「『さいしょ』へんすうを◯にする」をだして、したにつけます。

「しらべる」から「こたえ」をだします。

「『さいしょ』へんすうをこたえにする」にします。

いちど、じっけんしてみます。

ねこをクリックするとすうじをきかれますが、それにたいして、すうじをこたえてあげると、さいしょのへんすうにはいります。

ではもういちどしつもんをしてもらいます。

したに「しらべる」から「あなたのなまえはなんですか?ときいてまつ」をいれます。

「つぎのかずは?ときいてまつ」にかえます。

「△+□」の□にはいるぶぶんを「つぎのかず」というなまえでつくります。

へんすうをもうひとつつくって、つぎのかずをつくります。

へんすう「つぎ」をつくって、「『つぎ』へんすうを◯にする」をだしてしたにつけます。

「しらべる」から「こたえ」をだして、『つぎ』へんすうをこたえにする」にします。

これで2つのへんすうをよういできました。

ねこがかんがえてからこたえをだすようにします。

「みため」から「うーん…と2びょうかんがえる」をだして、したにつけます。

さいごにけいさんをします。こんかいは「たしざん」なので、「えんざん」から「◯+◯」をだします。

「へんすう」から「さいしょ」と「つぎ」をだします。

+にひとつずついれます。

「みため」から「こんにちは!という」をだします。

そのまま「さいしょ + つぎ」を(こんにちは!)のぶぶんにいれます。

そしてしたにつけます。

これでかんせいです。

ねこをクリックしてみます。

ねこにかずをきかれます。かずをいれてみます。

※ここでは英字(えいじ)にゅうりょくでないとききません。

こんかいは2にしてみます。かずをいれたらEnterキーかみぎのチェックをおします。

すると、「さいしょ」のへんすうのところにいれたかずの2がでてきます。

「つぎのかずは?」ときかれるので、かずをいれてみます。

3をいれて、Enterキーかみぎのチェックをおします。

つぎのへんすうのぶぶんにかずが3とはいります。

すると、うーん?と2びょうかんがえたら、こたえの5といいます。

もういちどためしてもおなじことができます。

やりなおしたいばあいはもういちどねこをクリックします。

ですがこのままでは、かずのリセットがめんどうなので、はたがおされたら、じどうでかずがリセットできるようにしたいです。

「イベント」から「はたがおされた」をだして、「へんすう」から「へんすうさいしょを0にする」と「へんすうつぎを0にする」をしたにつけます。

すると、さいしょのかずとつぎのかずが0になり、はたをおすとさいしょからになるようになりました。

わかりやすくしよう

すこしくふうしてみます。

ぜんかい(No.004)でせつめいしたのですがことばをたすことのできるブロックをつかってことばになるようにしてみたいとおもいます。

「えんざん」から「りんごとバナナ」とかいてあるものをだします。

「りんご」のぶぶんに「さいしょ + つぎ」をいれて、「バナナ」のぶぶんに「だね!」をいれてみます。

そして、「という」にもどします。

「さいしょ + つぎ と だね! という 」というブロックになりました。

では、ためしてみます。

まずは2をいれて、3をいれると、うーんとかんがえたあとに、「5だね!」とはなします。

「りんご と バナナ」をうまくつかうとすきなセリフをいわせることができます。

ほかのけいさんもできるようにしよう

ほかのけいさんもできるようにしてみましょう。

ねこをふやして、「ひきざん」や「かけざん」ができるようにします。

まずはねこをふやすには、みぎしたのねこをみぎクリックします。

「ふくせい」をクリックします。

ねこが2ひきにふえました。わかりやすくねこのいろをかえます。

まずはひきざんをつくります。

ふやしたねこをクリックして、コスチュームをクリックします。

バケツをもっていろをかえます。こんかいはむらさきいろにしました。

むらさきねこのなかをすこしかえます。

さいごのブロックの「さいしょ + つぎ」をひきだして、「えんざん」から「◯ー◯」をだして、いれかえてみます。

「さいしょ - つぎ」にしてもとのばしょにもどします。

これで、むらさきねこがひきざんのねこになりました。

おなじようにねこをふやして、「わりざん」や「かけざん」をつくってみてください。

かんせいひんがこちらです。かんたんけいさんき

タグ:

 関連記事
 

Scratchでスプライトを動かしてみよう

矢印キーで動かしてみよう 前回の記事で動きについて書きましたが今回も動きについてお勉強してみましょう。 動かすためには、座標について理解いていかないといけま ...

Scratch(スクラッチ)の拡張性

注目されるスクラッチ 2020年のプログラミング必修化にが話題となる中、子供向けのプログラミングが注目されています。 その中でも子供向けのプログラミング言語とし ...

Scratchで『その他』のブロックを使ってみよう

紫の『その他』のブロック 皆さんの中でその他のブロックって何だろうと思ってる人もいるかもしれません。 何に使うのかが、イマイチわからない、、、 そんな ...