【決定版】wp-pagenaviで2ページ目以降が表示されない時に試す5つのこと

フロントエンド

ページネーション

ブログやホームページを作っていれば、必ずのように必要になる ” ページネーション ”
ページネーションって何?って思った方も必ず目にした事があると思います。

ページネーションとは?










そう、このページを選ぶボタンの事のことです。
一見簡単そうに置いてありますが、意外にもwordpressに慣れている人でも
不具合が起きやすいし、自力で設置するには一苦労しがちなコンテンツです。

そんなときに使える便利なプラグイン、“wp-pagenavi”
インストールして有効化すれば一行コードを足すだけでページネーションが
表示される優れものなのですが、筆者も引っかかった不具合の解決方法を同じように
検索して辿り着いてきた皆さまにお届けいたします。


  1. 1.前提として確認すること
  2. 2.2ページ目以降が動作しない!
  3. 2-1.ページ送りができていない場合
  4. 2-1-1.ページ送りの設定を変えてみよう
  5. 2-1-2.ダッシュボードの表示件数を確認しよう

  6. 2-2ページ送りはできていた場合
  7. 2-2-1.パーマリンク設定を変えよう
  8. 2-2-2.「FV Top Level Categories」を入れてみる
  9. 2-2-3.強制リダイレクトを制御する

まず確認すること

まず、ページ送りの設定をしておきましょう。
最低限の設定の仕方を書いておきます。


大事なのは3行目〜6行目の記述です。
このループ文ではすでにwp_pagenaviのコード(16行目)を挿入しています。

pagedパラメータを設定します。

そしてクエリに追加します。
これだけでページ送りの設定は基本的に上手くいきます。

ここで注意してほしいのが、

この位置が間違っていることです。
wp_reset_postdata();以外でもwp_reset_query();などの下に
書いたりすると上手くいかないので、位置を確認してあげましょう。
これらができても尚表示されない方は次の項目に進みましょう。

2ページ目以降で動作しない!

これが一番引っかかりがちな不具合だと思います。
まずページ送りができているか確認してみましょう。

ページ送りはできている?

URLは、例えば2ページ目であればこうなっているはずです。

https://ドメイン名/category/◯◯◯/page/2/ (カテゴリーページの場合)
https://ドメイン名/△△△/page/2/ (固定ページの場合)


この’/page/2/’の部分を以下のように変えてみてください。

https://ドメイン名/category/◯◯◯?page=2 (カテゴリーページの場合)
https://ドメイン名/△△△?page=2 (固定ページの場合)


どうでしたか?
2ページ目が無事表示されたならページ送りは上手くいっています。
ページ送りができていた方は次のリンクまで飛んでしまいましょう。

ページ送りができていない場合


・ページ送りの設定を変えてみよう

先ほどの設定をしても、ページ送りの設定がうまくいってない可能性があります。
テスト環境ならば一度echo $paged;を出力してみてページ送りを確認してみましょう。
また、筆者の場合ページ送り設定を
以下のように変更すると上手くいった場合もあります。



・表示設定の件数を確認しよう

また忘れがちですが、ダッシュボードの表示設定も見直してみましょう。
設定→表示設定→1ページに表示する最大投稿数です。

最大投稿数

ループ文で’posts_per_page’を指定している場合、
‘posts_per_pageの件数’ < ‘1ページに表示する最大投稿数’のとき
wordpress側で生成するはずだったページ数より多くなってしまうため、
上手く認識できなくなりページ送りは上手くいかなくなってしまいます。

ですので、サイトで使うループ文には毎回’posts_per_page’を設定して、
こちらは件数1などにしておくとエラーは起きないでしょう。

ページ送りはできている場合

ページ送りはできているのに、なぜか404に飛ばされる…
そんな途方に暮れているあなた。まだやれることはあります。

・パーマリンク設定を変えよう

多くのサイトではパーマリンク設定として、

パーマリンク設定

下二つの‘投稿名’‘カテゴリー名/投稿名’がよく使われています。

理由としては、
・構造が明確でわかりやすい
・URLがごちゃつかない
・SEOの点で評価が高い

などです。

ですが、この構成だとページネーションが上手くいかなくなりがちです。
それには改ページという概念が関わってくるのですが、長くなるのでこちらでは割愛。

よってパーマリンクにこだわりがなければ、
パーマリンクを’基本’などに戻してしまうのが一番手っ取り早いです。


ですがクライアントからの要望や、
他のページとの兼ね合いでどうしても変えられないときってありますよね…
筆者の場合がそうでした。そんなときに試すことはこちら。



・「FV Top Level Categories」を入れてみる

以下のプラグインを導入してみましょう。

FV Top Level Categories

「Top Level Categories Fix」も以前は有効でしたが、今は公開されていないようです。
「FV Top Level Categories」は”URLから/category/を消す”ための
プラグインなのですがこちらを有効化するだけでページャーが上手くいく、
との方もいらっしゃいました。


しかし!筆者はこれでもダメでした… しぶとすぎる…
そんな私がついに、ようやく上手くいった手段がこちら。

・強制リダイレクトを制御する

こちらの記事のコードを拝借いたしました。


要約すると、
404ページに遷移させないようにfunctions.phpから設定をする
ことにより、正常に表示されるということです。

以下のコードをfunctinos.phpに追加してください。


このコードを入れた瞬間、リンクはそのままで2ページ目以降も反映されました。
やはり最後にはfunctions.phpが最強ですね…

タグ: , ,

 関連記事
 
プログラミング入門

たった64時間で作りたかった○○が作れるようになる!?

プログラミング学習において大切なこと プログラミングに限った話ではありませんが、努力するにあたって大切なのは期日と目標の設定です。 例えばダイエットをし ...

CSSかSassか

CSSからSassに切り替えて感じたメリット・違い3選

エンジニアのみなさんも、そうでないみなさんもこんにちは。 突然ですが、みなさんはコーディングする時どのようなCSSのメタ言語をお使いですか?    ...

sass

【初心者必見】Sassのコンパイルなど使い方まとめ記事【導入】

プログラミングの基本といえばHTML / CSSですよね。 比較的浅い勉強時間でもとりかかりやすい言語ですし、共同でページを制作する場合も多いかと思いま ...